サイパンのダイビング レックダイビング (F6Fヘルキャット)

サイパンダイビングショップ ロゴ
サイパン レック ヘルキャットMasa Dive Saipanサイパン レック ヘルキャット
Masa Dive Saipan


サイパンダイビング masa トップページへ

サイパン レック ダイビング 沈飛行機
インリーフに散乱する飛行機の正体は!?


サイパン レック ヘルキャット 2   サイパン レック ヘルキャット 3

ダイバーの目から見るサイパンの海に眠れる数々の太平洋戦争時の遺物!




サイパン レック ヘルキャット 4

サイパン レック ヘルキャット 5

サイパンのBー29ポイントよりマニャガハ島寄りにバラバラに散乱した飛行機が沈んでいます。一番上の写真は、水平尾翼のフラップ部分だと思われます、またそのとなりの写真は、見ての通り引き込み脚であります。この様な形で沈んでいて本体は発見されていません。この残骸だけでは何がなんだかわかりません、又Bー29の残骸だと思ってしまいそうですが一番下の写真のようにプレートがはっきりと残されていました。AIRPLANE MOD F6F−3( 8 にもみえますが3型が一番多く生産されました) と刻印されています。この飛行機は、米海軍の艦上戦闘機 グラマン F6F ヘルキャット という事になります、プレートがあるので確実でしょう!この機は、開戦当時、米海軍の主力戦闘機として成功を収めた F4Fワイルドキャットの後続機として開発が進められ、1943年より正式に量産される事となり、12000機以上が生産されました。旧日本海軍の主力戦闘機である零戦の倍近いパワーを持ち(2000馬力) 12.7mm機銃6門を搭載、パイロットの安全性を重視した甲板などを装備し、零戦の強敵となった戦闘機の一つになります。なぜこのサイパンの海に眠っているのかは不明ですが、これかも更に残骸を探し(本体があれば良いのですが!)、調査していきたいと思います。

この調査は、サイパンにおいて素人のマサ本人が趣味の範囲で行ったものなので、間違いも多く、迷惑をおかけすると思いますがご了承下さい。

発見、写真提供  BJ ハル君

サイパン レック ヘルキャット
サイパンレックのトップへ

サイパンダイビング masa トップページへ

<サイパン サイトマップ>

キャンペーン
ページトップ   掲示板   M坊ブログ  Kくんブログ  衛星天気図  海の壁紙写真集  海の壁紙 別館  託児所  リンク集
島内観光
  サイパン島の紹介  ポイントマップ  ポイント紹介  スタッフ紹介  フライト ニュース  ショップ スタイル  ショップ施設
レストラン情報  イベント 情報  海の情報  ショップ スタイル  ダイビング料金  料金 早見表  ライセンス取得  家族向けツアー
体験ダイビング
  ゲストハウス  海仲間たち  ポイントのお話し  なんでも体験記  沈船の正体は  沈飛行機の正体は  シーズナリティ
水中顔面博覧会  お魚図鑑   ウミウシ図鑑   エビカニ図鑑   幼魚図鑑    ゲスト 水中写真展  水中写真入門  風景写真集
ボートチャーター
  グロットスノーケル  グロットの紹介  ラウラウビーチ  オブジャンビーチ  水中百景  器材販売 相互リンク