Zero fighter レックダイビング (ゼロ戦)ゼロ式三座水上偵察機


サイパン レック ダイビングMasa Dive Saipanサイパン レック ダイビング
Masa Dive Saipan


サイパンダイビング masa トップページへ

サイパン レック ダイビング 沈飛行機
Wreck dive of saipan

サイパン ゼロ戦ポイントの飛行機の正体は!?
Identity of the airplane, The Zero fighter point

サイパン ゼロ戦」1

The Aichi E13A,(Allied code name Jake) was a single-engine, twin-float, long -range reconnaissance seaplane that made its combat debut in 1941.The Imperial Japanese Navy operated more aircraft of this type than any other during WWU.
It participated in a number of significant operations, including reconnaissance patrols over Pearl Harbor.
The E13A was operated by a crew of three and could carry a 250kg (550lb) bomb load.


ダイバーの目から見るサイパンの海に眠れる数々の太平洋戦争時の遺物!


サイパン ゼロ戦2


現在サイパンでの調査で解った事は、サイパン ゼロ戦ポイントに眠る飛行機は、フロートを持つ水上機であり、ゼロ戦より2m程長く大きめの飛行機である事です。今回調べて行く段階で機体自体が原型を留めている事が寸法を測る為に助かりましたが、機体自体が裏返しの状態なので、決めてを見つける為に部分部分にカットして調べて行きました。結果、サイパンのゼロ戦と言い伝えられていた飛行機は、
愛知航空機のゼロ式三座水上偵察機が有力候補に上がって来ました。

サイパン ゼロ戦 エンジン1  サイパン ゼロ戦 エンジン2  サイパン ゼロ戦 エンジン3

まずエンジン部分ですが、ゼロ式三座水上偵察機の場合、左写真の三菱金星空冷星形14気筒エンジンになります。たしかにサイパンゼロ戦ポイントのエンジンは星形に14個がありました。またエンジン部分へつながるパイプの配置や太さなどもサイパンの写真とそっくりでした(中央写真ではそのパイプ部分がはっきり確認できます)。エンジン自体は皆似ているので結果は出せませんでしたが、右写真ではエンジン部分につながるパイプが細いように思われます。ちなみにゼロ戦のエンジンは右写真の中島栄型になります。皆さんはサイパン写真のエンジンがどちらに似ているかお解かりですね。

サイパン ゼロ戦 機首1  サイパン ゼロ戦 機首2  サイパン ゼロ戦 機首3

次に上の3つの写真から比べて行きたいと思います。左写真はゼロ戦22型の写真ですがエンジンカバーのすぐ後ろに主翼がありエンジンカバーもやや長めです。中央写真はサイパンゼロ戦ポイントの物ですがエンジンカバーはすでにありませんが、エンジンカバーを推定すると短めのカバーと思われます。またエンジン部分の後ろに70cmほどの胴体がありその後ろに主翼が付いています、このことからゼロ戦よりも主翼より先が長い機種という事になります。また右写真のゼロ式三座水上偵察機をご覧下さい、エンジンカバーがやや短く70cm程の胴体の後ろに主翼があります。そしてエンジンカバーから主翼までの胴体部分下に排気管の様なパイプが付いています。サイパンゼロ戦写真も同じ様な物が付いています(中央写真は裏返しになっているので反対上側になります)そしてプロペラ先端カウリング部分もゼロ戦は尖っているのに対して右写真は丸みがあります。サイパンゼロ戦ポイントのものも丸みがありました。

  サイパン ゼロ戦3  サイパン ゼロ戦 23型実写

次にサイズですが左写真の左上にいるサイパンダイバーはフィンをはいた状態で有に2mを越える方です。右写真ではパイロットが写っているのでだいたいの大きさが把握できます(右写真はゼロ戦23型です)。メジャーで寸法を測ってみましたが全長が約37フィート、全幅が約48フィートでした。ちなみに主翼の先端が折れていてアバウトです、また水平尾翼部分から砂に埋まっていたので砂を掘り胴体の最後尾まで手でなぞって計りました。資料によるとゼロ戦は9m強、ゼロ式三座水上偵察機は12m弱(全長)です。

サイパン ゼロ戦4  サイパン ゼロ戦5

左写真は、主翼の横に落ちているフロートです、実際には2つ有るはずですが、もう一つは発見出来ませんでした。また右写真は胴体と主翼部分ですが、引き込み脚のあった形跡は無く、代わりにフロートの接続部分とフロートの足部分が残っています。

zero

この写真は、主翼の裏の写真ですが手前にスライド式の窓のような物と向こう側に楕円形の窓の様な物がありました。ちょうど三座シートの中央座席の前あたりに位置していました、これは航空写真を撮影するための窓と思われます。(ゼロ戦にはありません)

サイパンゼロ戦=ゼロ式水上偵察機実写

以上の事から考えると、サイパンのゼロ戦ポイントに沈んでいる飛行機は、旧日本海軍機であり、愛知航空機製のゼロ式三座水上偵察機である事が解明されました、ゼロ式三座水上偵察機は、今もサイパンの海にゼロ戦という名で眠っているのです。 この調査は、サイパンにおいて、素人のマサ本人が趣味の範囲で行ったものなので、間違いも多く、迷惑をおかけすると思いますがご了承下さい。

ゼロ戦写真提供ページ今回,写真を提供して頂いたヒサオさんのHPです。

サイパンゼロ戦へ戻る
サイパンレックのtopへ

サイパンダイビング masa トップページへ

<サイパン サイトマップ>


ショップページトップ サイパンの掲示板 M坊のダイビングブログ Kくんのブログ@saipan 天気 台風 情報 グロットの紹介と体験 なんでも体験記
便利リンク集 サイパン島内観光 サイパン島の紹介 ポイントマップ地図 ポイント,スポット紹介 お得なフライト ニュース ダイビングショップ施設
海の最新情報 イベント 最新情報 食事,レストラン情報 ショップ スタイル ダイビング料金表 サービス料金 早見表 ゲスト 水中写真展
ダイビングライセンス 家族向け(子連れ)ツアー 体験ダイビング ボートチャーター サイパンの託児所 デジカメ水中写真入門 海と島の壁紙 別館
ホテル&ダイブパック サイパン格安宿泊 ショップスタッフ紹介 サイパンの仲間たち ポイントのお話し 水中顔面博覧会 キャンペーン
お魚図鑑 写真 ウミウシ図鑑 写真 エビカニ図鑑 写真 幼魚図鑑 写真 サイパン水中百景 サイパンの風景写真集 沈飛行機の正体は?
サイパン沈船の正体は? グロットスノーケル 海と島の壁紙写真集T U V W X Y 週間ポイント情報 ラウラウビーチ オブジャンビーチ
シーズン シーズナリティ ダイビング器材販売 相互リンク集