PB2Y CORONADO レックダイビング


サイパン レック ダイビングMasa Dive Saipanサイパン レック ダイビング
Masa Dive Saipan


サイパンダイビング masa トップページへ

サイパン レック ダイビング 沈飛行機
Wreck dive of saipan

西海岸アウトリーフに沈む飛行機の正体は!?
Identity of the airplane, West Coast outreef



The PB2Y Coronado is a large flying boat patrol bomber designed by Consolidated Aircraft,
and used by the US Navy during World War II in bombing, antisubmarine, and transport roles.


ダイバーの目から見るサイパンの海に眠れる数々の太平洋戦争時の遺物!


  

サイパン西海岸アウトリーフの水深18m〜20mに大型の飛行機が沈んでいます。エンジンが4発あり、かなり見応えがあります!サイパンに沈んでいる飛行機は、水深の浅いインリーフに集中していますが、水深が深い事もあってサンゴなどの付着物も少なく、比較的綺麗な状態で残っています。翼、エンジン、プロペラ、その他パーツは残っていますが胴体は見つかりません。

A large airplane with four engines sinks in the water depth of 18m to 20m in Saipan West Coast Outer leaf


  

これは、コックピットの計器パネルです、PB2Y コロネドの計器パネルと比較してみますが・・・ほぼ同じように見えます。あまり腐食が無く、計器内の数字も確認できます。

The sinking cockpit instrument panel and the coronedo instrument panel


  

次にプロペラ部分ですが、PB2Y コロネドのプロペラは、4発のエンジンの内、内側2エンジンが4枚プロペラで外側2エンジンが3枚プロペラと、ちょっと変わった造りですが、海底に残されていたプロペラも3枚プロペラ2つと4枚プロペラ2つ・・・合致します。

4 inside propellers and 3 outside propellers



  

この機体に装備されたエンジンは・・・R-1830型、ツインワスプエンジンで米国のプラット・アンド・ホイットニーにより開発、製造された空冷二重星形14気筒エンジンで、P36ホーク F4Fワイルドキャットなど、幅広く使用されていたそうです。

The Pratt & Whitney R-1830 Twin Wasp is an American aircraft engine



  

その他、
機銃座や砲弾のやっきょ、色々なパーツが付近に散乱しています・・・まだまだ調査する価値があるようです、出来れば胴体部分も探して見たいものです!

Many parts are scattered in the vicinity.




以上の事から考えると、西側アウトリーフに沈んでいる飛行機は、米海軍の大型飛行艇であり、PB2Y CORONADO である事が解明されました。
第二次世界大戦中、米海軍が爆撃、対潜、輸送の任務で使用していました。

 
この調査は、サイパンにおいて、素人のマサ本人が趣味の範囲で行ったものなので、間違いも多く、迷惑をおかけすると思いますがご了承下さい。

サイパンゼロ戦へ戻る
サイパンレックのtopへ

<サイトマップ>

キャンペーン
ページトップ   掲示板   M坊ブログ  Kくんブログ  衛星天気図  海の壁紙写真集  海の壁紙 別館  託児所  リンク集
島内観光
  サイパン島の紹介  ポイントマップ  ポイント紹介  スタッフ紹介  フライト ニュース  ショップ スタイル  ショップ施設
レストラン情報  イベント 情報  海の情報  ショップ スタイル  ダイビング料金  料金 早見表  ライセンス取得  家族向けツアー
体験ダイビング
  ゲストハウス  海仲間たち  ポイントのお話し  なんでも体験記  沈船の正体は  沈飛行機の正体は  シーズナリティ
水中顔面博覧会  お魚図鑑   ウミウシ図鑑   エビカニ図鑑   幼魚図鑑    ゲスト 水中写真展  水中写真入門  風景写真集
ボートチャーター
  グロットスノーケル  グロットの紹介  ラウラウビーチ  オブジャンビーチ  水中百景  器材販売 相互リンク